前へ
次へ

古銭以外にも買い取ってもらえるコイン

家に古銭があるけれど、ほんの少しなので出張買取などを利用するのは気がひける、というケースも多いかと思います。
業者によっては少額でも変わらず出張買取をしてくれますので電話やネットからまずは査定の申し込みをしましょう。
また、エラーコインと言って五円玉や五十円玉の穴がズレているものもちょっと高く売れるので、もしあればかさ増しになります。
ふちがギザギザになっている十円玉、いわゆる「ギザ十」も場合によっては高値が付きます。
これは昭和26年から33年という限られた時期にしか発行されていないことからレアなのですが、その中でも33年は発行枚数が少ないため、未使用のものだと5万円の価値があるそうです。
古銭だけでなく、こういった珍しい現行の硬貨も気軽に査定してもらいましょう。
量が多ければその分査定額も上がりやすいというメリットもあります。
ただ、エラーコインやギザ十の価値は業者によってばらつきもあるので、複数に査定を取った方が無難です。

ギザギザ十円いつかはおいくら万円

私はお金の収集に興味があります。
例えば、昔のお金だったり、流通の少ない小銭だったりなどです。
それは、特に買取などして集めている訳ではありませんが、一般的な生活内で稀に手に入るレベルのものを集めるという程度です。
私が特に興味があり、集めているものはギザ十です。
100円玉のように側面にギザギザがついている10円玉のことです。
買い物後のおつりや自販機でのおつりがでた際は必ずと言っていいほど、確認します。
なにが好きで集めているのかは自分でもわかりませんが、自分の中では義務と言っていいほど、必ず確認するものになっています。
強いて目的をいうならば、いつかギザ十がプレミアム品になるんじゃないかと淡い期待をよせています。
その時には、迷わず売りにでるでしょう。
一度、本で読んだことがあります。
年代によって、生産が少ない等の理由で小銭にも価値がでるということです。
ギザ十の中にも、レアな品があるようで自分が持ってるギザ十がレア品かどうかを調べたことがありました。
しかし、残念ながら15枚ほど所持している中にはレアな品はなかったようです。
しかしながら、めげずにギザ十を集め続けていきたいとおもっています。
いつかプレミアム品になり、何十万という価値になることを信じて。

Page Top